口に垂らすタイプ
​ー最も効率の良い摂取方法ー


プレミアムCBDチンキ1000mg&1500mg

HimikoOrganics_17Nov19_CFunk-90.jpg

イキイキとしたウェルネスライフの追求に
体感するCBD

​こんな時に・・・
Image by Jared Rice
press to zoom
イライラ
press to zoom
頭痛
press to zoom
痛み
press to zoom
スピーチ
press to zoom
ホットフラッシュ
press to zoom
倦怠感
press to zoom
集中力
press to zoom
睡眠
press to zoom
1/1
プレミアムCBDチンキ.jpg

​Lifestyle & Wellness

プレミアムCBDチンキ
​1000mg&1500mg

良質な原料がもたらす健康的ベネフィットでイキイキとしたライフを追求。

ココナッツオイルで希釈され、ヴィーガンの方も安心。高濃度・ナチュラル派にオススメ。

舌を上げて、口の中に水溜りを作るようにして垂らして60秒ほど待ってからリンパ系をとおして血管へ直接吸収させます。

​バイオアベイラビリティ(生体内吸収率)は、20〜35%、留まる長さも4時間以上と他の摂取形態よりも長く、最も効率良い一般的な人気の摂取形態。

アメリカ産のオーガニックヘンプを原料とし、大麻草に含まれる数十のテルペンとカンナビノイドが組み合わさったブロードスペクトラムです。相乗成分により、増幅されたCBDの利点を提供します。
 

持ち運びもできて必要な時にすぐに使える簡単・便利な安心のアイテムです。

2つの違いは、CBD含有量の違いのみです。

より高濃度をお求めの方には、1500mgがオススメ。

​お客様の口コミ

1500mg.jpg
Himiko_Organics.jpg
IMG-3817.jpg
Himiko_Organics.jpg

おすすめのご使用方法

CBDチンキ/オイル編

CBD_摂取方法.jpg

振る

STEP 1.

ご使用毎によく振って下さい。

ボトルの開け方.jpg

開ける

STEP 2.

スポイト部分の蓋をギュッと下に押しながら反時計回りにまわして開けて下さい。ボトルには、チャイルド・プルーフ加工(小さなお子様が開けられない仕組み)がなされています。下に押さずに無理やり開けようとすると蓋が壊れてしまう可能性がありますのでご注意ください。

CBD_摂取方法.jpg

口に垂らす

STEP 3.

スポイト約1杯分程度までを目安にとり、図のように舌を上げて、その下に水溜りをつくるように口の中に垂らしてください。この方法がリンパ系をとおり、一番早く吸収されます。1日の始まりや就寝前、お仕事や家事、育児の合間やスポーツの前後、必要と感じた時に1日2回程度摂取してください。(目的に応じて足りない場合は、摂取量を少しづつ増やしていってください。)

ドリンクに垂らしてお使いいただくこともできますが、口内に直接垂らして使用する方法がベストです。(ナノテクノロジーチンキの方は、水溶性のためお飲み物に垂らしてもオイルが表面に浮くことなく綺麗に溶け込みます。)

オイルが垂れやすくなっていますので、衣服など汚さないようご注意下さい。万が一衣服についてしまってもお洗濯いただければ問題ありません。

Pencil and notepad

ポイント

NOTE

15分から45分で血流に入ると言われています。

その中でも、ナノテクノロジーCBDチンキは、通常のオイルよりもより早く吸収され、高い生体利用率を得られるよう設計されています。

CBD自体初めてご使用になられる方は、10-25mgの少量から初めてみてください。目的に対して足りない時は、更に5mgづつ足すなど追加して自分の適量を見つけてください。使用目的や個人の体質、コンディションによっても、適量の摂取量は変わってきます。

<摂取量の目安>

プレミアムCBDチンキ1000mg(30mLボトル):スポイト1杯分=約20滴=CBD含有量約34mg

プレミアムCBDチンキ1500mg(30mLボトル):スポイト1杯分=約20滴=CBD含有量約50mg

ナノテクノロジーCBDチンキ250mg(30mLボトル):スポイト1杯分=約20滴=CBD含有量約8.3mg

※ナノテクノロジー製品は、通常のオイルより吸収率、吸収速度がはるかに高くなるよう設計されているため、一概にCBD含有量のみで比較できません。

摂取量には個人差がありますが、目安としては、毎日の使用で約1ヶ月分です。​開封後は、光の当たらない暗室の涼しい湿気のない場所に保管し、なるべくお早めにご使用下さい。

<ご注意> これらの説明や製品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。